Blackについて

■Black概要

Blackはリネージュ2、ゴースティン鯖の血盟戦血盟です。
スマホ版のリネ2であるリネレボでは、アデン鯖で活動中です。
がっつりPlayできる人はリネ2のゴス鯖、スマホで遊びたい方はリネレボのアデン鯖へ。

スマホ版 リネレボのBlackについて

リネレボのBlackは、アデンで活動中です。
2017年10月25日現在、血盟名声ランキング18位、血盟戦闘力ランキング22位。
リネレボでは、リネ2のゴスで血盟戦をしていた元敵対も多数合流し、血盟戦経験者が多い血盟になりました。PvP、GvGが好きな人が集まった血盟です。

PC版 リネージュ2のBlackについて

盟主 AcidBlck/御手紙 (ブロトさん)
※2013年5月、盟主を私からブロトさんに交代しました。
昔のお話しPart1 | 昔のお話しPart2
血盟レベル Lv11
アジト ルウンの2F、最上位グレードのアジトを所有
5城らしい (2017年6月現在)
血盟戦 mangudai(双方)、BangDoll、ラホイヤ、魔導団と血盟戦していました。
同盟 BLB同盟(BK+ラホ+BD)
リュック (同盟を組んでいますが、Blackは単独血盟です)
ルール 1.ツール使用、BOTなど一切禁止 (見つけ次第BANします)
2.野良狩り、野良レイドへの参加禁止 (一般に迷惑をかけないため)
3.戦争や要塞は基本的に全員参加 (参加できない場合は連絡を)
4.血盟戦血盟+戦争血盟のかけもち不可 (メインキャラのみ可)
※メインキャラが複数あったり、どれかわからない方は、
メインキャラをBlack1本に絞ってからお越しください。

■ Blackの過去と今

リネージュ2 JP6 (ゴースティンサーバー)のOB時代に誕生。
ダークエルフ専門の血盟として、初代盟主の藤丸が創設。
当時のBlackは3つの姉妹クラン、「BlackSoul(パルチアジト所有)」、「BlackGang」、「BlackEdge」があり、人数も多く、かなりの大手クランだった。

ところがある日の戦場をキッカケに「mangudai」との血盟戦が開始。
数ヶ月後、Blackは過去にないくらい衰退する時期に入る。
その勢いは止められず、一時のinは4人にまで衰退。
昔のお話しPart1 | 昔のお話しPart2

出口の見えない長い長いトンネルは、ブロトさん(AcidBlck)の合流で光がさした。
ブロトさんの背中にみた光はあまりに眩しく、「本当にBlackでいいのですか?」と尋ねたら、ブロトさんは「全てを捨てる覚悟をしてきました、Blackに入れて下さい」と言ってくれた。
(そんなブロトさんは、今ではBlackの看板エース、そして7代目Black盟主になりました。)

その後Blackは、monbrun、イタズラ、たくい、ZENT、アユーラ、撫子達の活躍により、多くの仲間を迎えるが、一方で別れもあった。こうして衰退と繁栄を繰り返す中、2010年の夏、Black血盟員のボンさんのアカウントBAN事件で危機を迎える。

厳しいバッシングが続き、引退と解散が求められる中、クビツァ、マリッチ、虎緑、1JZ、ティアノエル、五円、星子が裏で支えてくれた。その後、アカウントBAN事件は、「冤罪」で終息を迎える。

2011年に入り、Blackは勢いに乗り15名++に。
そして2012年の上半期は・・・

  • さらに勢力を拡大、平日は約2〜3PT、戦争時3PT+に。
  • 血盟戦の負け越しゼロ。(覚醒以降全て含めて)
  • 城防衛成功、血盟Lv10達成。
  • 血盟総合PvPカウント数ゴスNo.1

を達成。血盟戦血盟としても戦争血盟としても両方で結果を出し、勢力拡大中。


Blackの歴代盟主達

  • 初代盟主:藤丸 – Gradivus連合時代
  • 2代目盟主:お夏 – Spiral同盟設立時代
  • 3代目盟主:サーギャラハッド – 血盟戦を躊躇していた時代
  • 4代目盟主:ブレイン – kmkが活躍していた時代
  • 5代目盟主:8810 – ラホイヤ戦開始時代
  • 6代目盟主:サリナ – 単独血盟として独立、PvP総合ゴス1位
  • 7代目盟主:AcidBlck 2013年5月末より始動

■ blog筆者 リュックエルダーについて

Black6代目盟主を3年しました。Lv99のエアロヒーラー。(元エバセイ、リュックSE+7)
Lv74くらいで血盟戦を開始。その後は毎日が血盟戦。血盟戦歴は6年目。
Pvカウントは、2013年5月現在で787くらいかな。(メインキャランのみのカウント)


Blackについて” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です