双方布告mangudai戦、Blackの勝利


今回のmangudaiとの双方布告はBlackの勝利で終わりました。
これで2連勝目。
ざっくりとした推移はこんな↓感じ。



最初の頃は、コツコツと巡回してGetを積み重ねるものの、
被Getが多く、Blackは低迷期に入る。
それもあってか、「なぜ双方に?」という意見を
複数人からいただりもしていました。


そんな中、上向きに導いたキッカケがシーレンの一戦。
敵の方が圧倒的に人数が多い中、現場にいたブロトさんはバジさんに戦う合図を送る。
嵐ちゃんと私は少しおくれて出発。
「マジで?」という状況でも、勝てると読んだブロトさん。
逆境に強く、きっちり成果を上げてくれました。さすがBlack副盟主。
冷静な判断とプレッシャーへの強さ、そして彼自身の腕が光った一戦だったと思う。
バジさんもプレッシャーを背負いながら、よく戦ったと思うし、
そんなバジさんを支えた嵐ちゃんも本当にCoooooolでした。


一方、みむるたんを初め、初の双方布告を体験する仲間達は・・・
敵の襲撃をかわしながら、Lv上げに励み、底上げに尽力してくれました。
ベテラン組みは、光りの早さで援軍に行ってくれたりと、
仲間を守りながら戦うシーンが印象的でした。


その後、「非常に優勢」まで流れを変えたのがインナ攻城戦のこの戦い。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



この戦いは、血盟戦の勝敗に大きく影響する—
Black側もmangudai側もそれを理解した上で挑んだ一戦でした。
まさにプライドをかけた一戦。
Black側は、mangudai戦に慣れた人達や、チームナイトの活躍が大きかった。
Lvの底上げが急務なのはBlack側も同様でしたが、みんなGJ。


非常に優勢になった後は、
勝てる確率が低いチャレンジ交戦をしたこともありましたが、
コツコツと襲撃と回避を繰り返し、無事に終了。


「最悪の展開は、戦争も双方布告も負けること、
 最高の展開は、戦争も双方布告も勝つこと。」 (6月11日のリュック日記より)


今回、みんなで力をあわせた結果、
「最高の展開」を手に入れることが出来ました。
みんな本当にありがとう。そして、おめでとう。


結果的に勝ったからといって、被も多く余裕ではありませんでしたが、
BD他とFPK戦をしながら、mangudaiとの双方で2連勝+戦争防衛成功は、
Blackとして誇れるものだと思います。
(参考:BDとのFPK戦-短剣編 | BDとのFPK戦-弓編)


さて。日記の最後のオチは・・・
シリウスブラック氏の「負けたらマスク脱ぐわ」宣言の行方です。↓↓↓



下のSS↓はマスク着用時のシリウスブラック氏です。↓↓↓


次に彼に会う時には、宣言通りにマスクを脱いでいるのか楽しみです・w・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です