【閲覧注意】気分が悪くなる内容です

# 今回のエントリーは気分が悪くなる内容です。
# メンシー+16くらいある人は大丈夫かもしれないけどご注意ください。


さて。脅しというものはこういうものじゃないかな?ラホさん。





私はこの件で当血盟員のアィシャだけでなく、
一般の狩血盟(戦争も出ていない)方々にまで
脅迫が入ってしまったことを忘れていません。


さて、公式板をさわがせているCT氏の件、画像でお届けします。


過去の経緯—-
2年くらい前、CT氏はラムンがBlackにしてきたこと等を何か内部的に色々調査していると私に連絡。
結果「当時のBlack盟主8810(8810はBKを脱退していた)の無念をはらせず残念だけど、
ラムンに謝罪を促す、でもラムンは謝罪しないだろうから自分から謝罪する」と連絡有り。
でも私は「ラムンから謝罪してほしい」と伝える。その後、色々なことがありCTはラホ脱退。
—-
では今回の経緯をSSで紹介します。
なおSSの内容は、血盟員や一部の他血盟盟主様には
公式板で発表する前に全部朗読済みで事情も説明しています。


1.CatTamerからメールが届く



2.CatTamerに返事を出す


3.CatTamerからの返事


じゅぇる氏から今までの経緯などを聞きました。
CTがCrubeenを脱退する理由が、髭氏やラホのためであったのなら話しがわかりやすかった。
でも実際には内部で色々揉めて脱退となった模様。


この後、本当にラホに戻るのか事実確認するまで待機


4.CatTamer ラホ再加入

ラホに再加入し、髭はCTを全力で守る行動にでるだろうなーと思っていた。
まぁ盟主なら当然かしら。


5.Black公式板で発表

公式板の内容はこちら


6.髭氏、Black側への反論

髭氏の反論内容はこちら


今ココまで———-


さて。髭氏の反論の中に次の一文がありました。

▼ココから——-
> まぁそもそもその「約束」と表現されていることも蓋を開けてみれば
> 内容ははっきりいってただのひどい「脅し」のようなものです。
▲ココまで引用—-

脱退の際は「敵対血盟に戻らないこと」が条件の1つです。これは脱退者全員同様。
理由は、血盟戦は「血盟vs血盟」の戦いだからです。
「個人が関わってややこしくしないでほしい。
後はBKとラホの問題だから、個人降伏者はもう関わらないで」と願ってのことです。

例えば、脱退者が受け入れ先の血盟(例えばCrubeen)に入り、
Crubeenに所属しながらBlackとラホの血盟戦に関与する。ということは、
当然、Crubeen血盟や血盟員に対して失礼な行為。

また、Crubeenを脱退後、ラホに戻るという行為は、
CTを引き取る際に私に頭をさげにきたじゅぇる氏、
そしてCrubeen血盟員に対して失礼なことではないでしょうか。
相手への思いやりがあるかどうかの違いじゃないかしら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です