もう少しだけ詳しく

話題の魔導戦について「なぜ?」と思う人がいらっしゃったようで。
もう少しだけ詳しく話そうと思います。

まず、魔導がグルガ氏の件でJOKERと開戦しました。
私の知っている涙依氏は、血盟員のいざこざも傷も全て受け入れる人。
その辺はやっぱり腹がすわっていて、覚悟と決意をもって彼を受け入れたはず。
なので涙依氏はゆずらないでしょう。

あとこれは曖昧な予想ですが、
魔導に対して「過去の魔導内部の問題をうちに持ち込むな、迷惑だ」
という思いもあるのかもね。


一方Blackは・・・
JOKERと魔導の血盟戦開戦の影響は、もちろんBlackにもある。
想定しうる影響の1つに要塞や戦争のことも当然あった。
だから「○○のときはこう動く」という流れを血盟員に事前に告知していた。

で、JOKERが魔導から宣戦布告されたからといって、
うちが「JOKERさんはもう他人です。今までありがとう(>_<;)」 なんてことはない。 例えば同じ敵と一緒に戦ってる最中に、 他の敵がきたから見殺しにするほど落ちぶれてないつもり。 これでもうちは血盟戦血盟ですから。 かといって、BlackはBlack。JOKERではない。 うちにはうちのやり方があるので、フィールドではしばらく静観。 なぜBlackがこうしたかは、わかる人だけわかってくれたらいい。 あと、こういう時、血盟戦血盟の間では暗黙の了解が1つある。 それが何であるかは、自血盟員と相手血盟への配慮があるので、 blogには書きませんが、私と涙依氏との間で成立したと思っています。 話しを戻して、今回の要塞のことについて。 魔導のシャウトは、自血盟として筋を通そうとする信念と、 多少なりともBlackへの配慮があったと受け取りました。 クレイア氏がとった行動も、Wisの内容もわかる。 だから、それ以上でも以下でもなく。 着地点のない話しだと書いたのはそういうことです。


追記:強気云々について
これでもBlackはマングともうすぐ5年にもなる血盟戦をしています。
その辺で空気を読んでw >うちの血盟員へ


もう少しだけ詳しく” への1件のフィードバック

  1. 最近負けっぱなしですね~
    数が売りのBKも最近では1PT見かけるか否か・・・
    そのアクティブ人数も相手方の同盟軍に負けていいところなしですね
    JKはかなり頑張ってますね
    かつてのBKJKの狩場での姿がちょうど入れ替わった形ですね~

    newB氏とは以前お手合わせしたことがありますが
    今のBK的には大きな戦力ですかね 単騎でしか動いてませんけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です