ブロトBlack開始!


Black7代目盟主、ブロトさん率いるブロトBlackがいよいよ開始しました。
今残ってくれた仲間と共に、ブロトBlackを支えようと思います。


大量脱退事件の後の今のBlackは、1PT規模まで縮小しました。
Lv99のプレイヤーは、私とブロトさんの2人だけになりました。

色々な人から「頑張れよ」とWisをいただくようになりました。
敵対から激励の言葉をもらうこともしばしば。

確かに、一般的に外から見ると、絶望的な状況かもしれません。
でも、どんなに困難な状況になったとしても、
それを受け入れる覚悟なんて、何年も前にしていた。
だから大丈夫です。

そんなこんなで、規模は縮小したものの、
みんなで仲良く力を合わせて頑張っています。



血盟戦の状況といえば…
BlackはBDと血盟戦を再開しました。

それに加えて、BlackはHK2と開戦となりました。
BKがmerikuriさんを受け入れたことでHK2から布告がきた模様。


merikuriさんは、ゴスではPKだから殺して当然。
どうもそんな空気があるそうですが、PKしただのされただのは当事者同士の話し。
自分や仲間がPKされていない話しに、第三者が便乗するのは、どうも…ね。
ブロトさんも私と同じように思ったのかもしれません。


HK2がPK対象としている人についてまとめると、
ボ王がいるBangDollとmerikuriさんがいるBlackかな?
ですが、HK2はBDには布告せず、BKには布告。
それについてコメントは控えますがBKはBDと再戦しています。


移籍したとはいえ、元仲間同士で戦うなんてこと、
普通、誰もが望んでするものではないと思いますが、
Blackには守るべき今の仲間と、血盟戦血盟としての誇りとプライドがある。
例え1PTでも、Lv99が2人しかいなくても。


よしなりさん達も、Blackにはそうあってほしいと思っていてくれているかな?
別々の道を歩むことになったけど、圧力に屈する軟弱な血盟よりも、
仲間を守るために戦う強い血盟であってほしいかな?なんてね。

まぁ一緒に過ごしたことは過去のことですが、
貴方達やみんなで繋げた誇りもプライドも、
今のブロトBlackが最高のカタチで昇華させてくれた。


そんなこんなで、ブロトBlackは仲間を守るために戦う道を選んだ。
私はそれでいいと思うし、Blackらしい決断だと思う。
というわけでBlackとHK2は、開戦となりました。
私はこんなブロトBlackを、影ながら支えていこうと思います。


反射的に書いてみた

リュックブログの話題がしたらばにw
私はしたらばに書いたことは1回もないですよ。ブログに書きますし。
ということで仕事前に意見を書いてから仕事行ってきます。


265 :名も無き冒険者:2013/05/26(日) 19:19:01 ID:UrVU3GMg0
サリナブログは噛み砕いた内容にして易しい内容に自分の言葉で言いたい事を説明してるからコピペではないだろ。

当たっています。
この方は、アビる話しではなく、その前の「成長戦略」のことを言ってると思います。
「アビる」の物語の部分、背景がグレー部分は引用でコピペです。
それ以外の話しは自分の言葉で話しをしています。


266 :名も無き冒険者:2013/05/26(日) 19:54:27 ID:.pPx1je20
>>265 悪いな、それは完璧なるコピペだぜw コンサル業界では定番だよ。

この人がコピペといっているのは、「アビる」の物語の部分をさしていますね。
それ以外の話し、例えば成長戦略の話しとかコピペとかではなく、自分の考えの話しです。
コピペ(引用)した文章は、背景がグレーの部分で、物語のところです。

あとアビる話しについて「コンサル業界では定番」と書かれている人がいますが、定番ですかね?
現場でアビる話しが出るのは、今まで遭遇したことないなぁ。
でも、確かに本当にアビるを理解していたなら、対応できていたかもね。


なので、両者共に当たっています。
物語はコピペ、それ以外は自分の考えであり自分の言葉ですよ。


270 :名も無き冒険者:2013/05/26(日) 20:29:07 ID:5yCvSZ/g0
どういう人なのか理解しやすくていいじゃない。
布告脅迫で成し得た血盟レベル10,11も美化してるし立派っす。

ん。いわゆる布告バリアのことなら、それはレベル8の頃。
私が盟主していた頃はレベル9にする時以降で、当時は城をとれずにいたんですよ。
美化とかではなく、本当に苦労した話しなんですけどね。

証拠はコチラ↓

2010年12月レベル9:http://lineage2.fan-site.mobi/?p=143
「攻城戦といえば、2010年で取得できた城は0。」の所。

2012年6月レベル10:http://lineage2.fan-site.mobi/?p=926
レベル9から10にするのに1年半かかっています。
1年半かけて、血の決意を1個、2個、3個、4個とコツコツ集めました。
それを沈黙していたのは、敵対に邪魔されたくなかったから。

2012年7月レベル11:http://lineage2.fan-site.mobi/?p=1176
あとは名声だけでレベルを上げられるという時、
アカデミーをノルマとしたことで、一部血盟員から不満が出た。
不満について話し合った結果、ノルマという表現を改め目標に切り替えた。
ノルマなのか目標なのか、言葉の表現で揉めたり苦労した時期。


とりあえず、こんな感じの回答っす。

6代目盟主を退任します

今からもう5-6年前のことだろうか。
1人の勇敢なPlayerと出会った。


彼はイジメられている人に、直接、手を差し伸べるような人だった。
当時の解散寸前に追いこまれたBlackに手を差し伸べることなど、自滅行為。
躊躇する私に、彼はそれでもBlackにと、強い決意を見せた。
きっと彼には一般の友達もいたはずなのに、どんな思いで全てを捨てたのだろう。
どんな思いで手を差し伸べてくれたのだろう。
彼はあれから今もずっと、もう5年以上戦い続けている。


長い長い年月は、彼を「本物」だと証明した。
過去のよき思い出をなつかしんでいる、というのではなく現在進行形。
そして「信頼」は「確信」へと変わった。
この人なら新しいBlackを作れる、と。


そしてこの度、ブロトさん(AcidBlck)に7代目盟主を託しました。


   *   *   *


私が6代目盟主就任したのは、3年前の2010年6月。
盟主就任以降、「仲間を大切に」を第1優先事項にした。
そのポリシーの元、垢BAN事件でゴス+NCJと戦い、血盟員を守った。
PvPでは「ゴス最強の血盟戦血盟」を目指し、みんなのお陰でPvP総合1位になれた。
戦争は1回欠席したけど、2人しかいなくても出続けた。
単独血盟としての独立し、Blackで城をとることもできた。
人数不足で行けなかったレイドをすることもできた。
血盟戦血盟では困難といわれる血盟レベルUPも、10、11へと成長できた。
仲間とトラブルがあったら、連日連夜でも、朝5時頃まででも話し合った。
ホント、全力で走り続けた3年間でした。
みんなにとっては、どんなBlackだったかな?


   *   *   *


これからは「ブロトBlack」を作ること、これを応援し支えたい。
みんな安心して彼についていってほしい。
彼が道に迷ったり悩んだ時は、みんなでそっと支えよう。
私は彼がつくる新しいBlackがとても楽しみです。


一方、残念なことに、沢山の仲間とお別れすることになりました。
Black内でスカイプをする人しない人での温度差があり、
スカイプをしていた人達が一気に脱退となりましたが、
これからは、ブロトさんと残ってくれた人達と共に再スタートします。


ブロトさんなら大丈夫。
もっともっといい血盟になると確信しています!


こんな頼りない盟主を支えてくれたみんな、応援してくれた方々、
本当に、本当にありがとうございました。
これからも引き続き、Blackを暖かく見守っていただければ幸いです。


2013年5月24日
Black6代目盟主 リュックエルダー サリナ


Blackの成長戦略 その2 – 魔女狩り防止と強みを活かす

成長戦略、つまり、どこに資本を注入するか?
Blackではそれが個々にあたります。(→Blackの成長戦略 その1を参照)

といっても、みんなは「血盟戦は?戦争は?外交は?レイドは?」とか、
そっちのほうが気になっている人が多いのかな?


ということで…
今日は「血盟戦は?戦争は?外交は?レイドは?」について。


大企業の戦略に目を奪われる人々

Blackに不足している部分は人の数。
これはまぁ、中小企業の町工場では大企業の工場のような人海戦術は出来ません。
これはスッパリあきらめましょう。大企業の土俵で勝負しても負けます。
町工場は、町工場でしか出来ない戦略で展開するのがベスト。

しかし人々は、大手工場の大規模な展開に憧れ、目を奪われます。
繰り返される派手なTVCM、清潔で美しい工場、華やかなオフィス、事業規模の大きさに。


やがて中小企業にも影響

消費者や株主等ステークホルダーの心理に働きかけるために策定された戦略でも、
中小企業の町工場の社員の心理にまで影響することがあります。(劣等感と焦り)

劣等感や焦りを抱いた町工場の社員は、
大手工場に憧れ転職し、技術を蓄えた人材が流出します。
その後、社内でのもめ事が多発し、制御不能になることもあります。
そうしてやがて10年以内に、

 ・町工場の4割は、社員流出を止められずに倒産
 ・町工場の3割は、なぜか隣町の町工場と競争に入り虫の息に
 ・町工場の2割は、なぜか社内で脚を引っ張り合ったままの状態
 ・町工場の1割は、独自の戦略で「次に進むカード」を手にする

大抵、こんな感じの展開が待っています。
(上記データのリソースは私の経験値より)


倒産する理由

中小企業が倒産する時、元を辿ると、こんな感じで人々の心理が影響していることが多い。
「業務効率化に失敗した(社員の能力不足)」と分析するアナリストもいるけど、
実ははそんなことなくて、心理的影響が起因している、というのが私の持論。

他のケースで例えると、1時間に100の工程が出来る社員がいたとする。
業務効率化に成功しても、120くらいがいい所だと思う。
手をめちゃくちゃ早く動かして、それが300になるといったことはありえない。

# たまに300になったという成功事例が出て来ることがあり、
# 「ウチも300を!」と、対抗しようとする社長がいるけど、
# これは最初の100の時点で何もしていなかったと同等。参考にならない。

それよりも、1時間に100の工程が出来る社員がいる。
しかし心理的な影響で、50になったり80になったり、120になったりすることがある。
すると、ライン全体の工程に影響し、業務やプロジェクトが滞る。
これは誰もが人間だからよくあることであり、
100で進められるように体制を整えることのほうが重要な場合が多い。
(あとはケースバイケース)

工場では常に100が出せる様、工夫されているもしれませんが、
ホワイトカラーの仕事は、案外そうではない。
理由は人だから。パフォーマンスには心理が影響するから。だと思う。
まぁこれも私の持論でしかありませんが。


リネでいうと? やがて魔女狩りへ

これをリネで例えると、大規模血盟の魅力はレイドや戦争であり、
人々はそれに目を奪われやすい、という状態。

大規模血盟の展開に目を奪われた人々や劣等感を抱いた人は、移籍を考え人材が流出する。
他にも、様々な心理的影響で人材が流出します。
そして状況が厳しくなればなるほど、「なぜこうなった!」と犯人探しが始まります。
(Blackではこれを「魔女狩り」という)

これが小規模血盟が崩壊する理由の1つだと思う。
実際、こういったことは、ゴスでもよくあったんじゃないかな。

そして今も、魔女狩りを目にすることがある。
「魔女を討伐しよう。そうすれば全員幸せになれるよ!」と。

魔女狩り中は、妙な団結力が生じ、血盟を維持しやすくなります。
(それを知っていて、その心理を利用している盟主もいるんじゃない?)

魔女討伐を血盟目標にして誘導するより、
自血盟で出来ることは何なのか、自分に出来ることは何なのか、
そこを中心に1人1人よく考えたほうがいいと思うけどね。

まぁこういった心理は発生しやすいと思う。
そうならないようにするための方向修正が「Blackの成長戦略その2」です。


Blackの成長戦略 その2

盟主就任後、Blackを「ゴス最強の血盟戦血盟を目指す」と掲げた。
高すぎた目標も、今はもう手に届く範囲まできたかな?
実際、博物館でPvP総合1位を何度か手にした。
これはPvP血盟として誇りに思える内容だと思う。

そんなBlackにしか出来ないことは?
Blackは、Blackの強みを活かせる土俵で展開しよう。
Blackは、PvPに長けた仲間同士が支え合う血盟。

戦争は、PvPのために城が必要だから戦争をしよう。
次元戦争は、PvPで必要になった時がくれば参戦しよう。
将来、どうしても必要になった時に供えて体制を整えよう。

レイドは、もともと大型レイド討伐を目標に掲げた血盟ではないけど、
PvPのためにレイドが必要なら、出来る環境を作ろう。
どのレイドがPvPに必要で、何の職が足らないか、あと何人足らないか。
ただそれだけじゃない?

大企業に憧れる必要などない。
隣の町工場と勝負する必要もない。
魔女狩りをして血盟が良くなることなどありえない。

PvPを、そして仲間のために助け合える血盟になろう。


Blackの成長戦略 その1

最近はラホ盟主、髭の成長戦略が炸裂中。
一方、Blackの成長戦略は?と尋ねられることが増えてきました。
Blackの成長戦略は、あまり話すことはありませんでしたが、その1つを綴ろうと思います。


Blackでは、リアルで大企業が実装する成長戦略は不向き。
向いているのは、中小企業の成長戦略、もしくはベンチャー系の成長戦略。
だから大企業に務めている人ほど、私のやり方に「?」と思う部分はあると思うけど、
それはそれで、サリナは変わったやりかたをするなぁ、と、楽しんでもらえたらと思う。

そんな中小・ベンチャー系の成長戦略の1つは、個々の能力が発揮できる場であること。
それをゲームで達成できれば、リアルの仕事でも少しは役に立てるのではないか。
余計なお世話ではありますが、そんな思いを込めてのものです。


もっと話しを噛み砕くと、
「Blackは個々の能力が高い」とか「Blackは1人1人が強い」
といった評価をいただくことがあります。
これは私にとって嬉しい所です。

目指していたのはまさにそれ。
個々の能力が開花されたり、発揮できる環境をBlackで作ること。
個々の長所が増えたり、さらに伸びるような感じ(笑)
自分の長所は自分では見えにくく、気がつかないままいることが多いけど、
今まで気がつかなかったような個々の強みをひっぱったりたい。
それはPvPだけでなく、中の人にとって。

うさんくさい自己啓発を啓蒙しているわけではありませんよ(^^;)
そんな血盟にしたい。


このゲームは、リアルマネーと時間を投入することで、
簡単に承認欲求を満たせるように設計されている。
さらにそこに中毒性(ギャンブル性)を加え煽ることで完成する。
これは他のゲームでも同じかな?
これって正味の所、中の人のことを思うとちょっと微妙。
ビジネスとしてはアリだと思うけどね。
そこもゲームだからと割り切って出来る人は、それはそれでアリだと思うし、
ゲームでまでリアルを絡めたくねぇという人もいるだろうけど。


ゲームを通じて、楽しく遊び、ストレス解消し、リアルの何かで役に立てれば。
貴重な時間を何時間も投入しているからこそ、それに見合う投資対効果をゲームで得たい。
私自身、そうありたいし、中の人達にもいいんじゃないかなーってね。
まぁゲームの世界だし、本当に余計なお世話だとは思うけども。

人生の中で、ゲームに投入できる時間があるライフステージは限られていて、
いつかはお別れする時がくる。
そんな時、「データしか残っていなかった」とか、何も残らない状態ではなく、
個々の長所が増えていた!とか、強みが伸びていた!とか、
リアルでも活かされる何かを得た場所がBlackであれば嬉しい。


次に第2フェーズは、老子の言葉を借りると、
「人々がリーダーの存在を忘れているときこそ、最高のリーダーシップが発揮されている時である」
こんな状態を構築したいと思ってる。
そんな第2フェーズの詳細はまたいつかのblogで。


最近のBlack


こんにちは、リュックです。私事ですが、ようやくLv99になりました。

ここまで来れたのは、仲間のおかげです。Special Thanksは副盟主ブロトさん。
エルダーからエバセイになり、やっと水を覚えて交戦できた時、Wizのブロトさんが喜んでくれていました。
あれから何年もの月日を経て、ようやくカンストです。
今後はさらに力をあわせて、もっとBlackを盛り上げようと思います。


そんな最近のBlackはコチラです。


●血盟戦 – 最近の血盟戦はこんな感じ。↓

MaZo+スパ in ラホのラホが勢力を拡大中です。


●戦争 – 30分前こんな感じでした。↓

刻印のときにクリエラになってしまい、その後、リネのフルチェックを10回ほどしました…汗
原因はグラフィック処理の設定だったっぽくて、最低限まで落したらクリエラしなくなりました。


●狩 – よしなりさん、露出気味です。↓


●アジトでその1 – またもや露出気味です。↓


●アジトでその2 – ナスさんのキツネが美味しそうです。↓


   *   *   *


以上、最近のBlackでした!

最近のBlack


2012年の年末から2013年の年始にかけてBlackは色々ありましたが、
仲間がしっかりと支えてくれたおかげで、2013年も元気いっぱいにGvGできそうです。
さて、そんな最近のBlackはコチラ。



↑ナイトは多い日も安心!



↑よしなりさんが伯爵風に。ブロトさんはお洒落着に。
3Zさんの目のまわりが白いのは、日焼けの後?



↑裸にシギルで戦う英雄イース、B君。
寡黙な元某職英雄のIK3も突っ込まずにはいられない。



↑魔導と双方になった日の血盟戦状況。



↑Blackで密かに流行中のチャット遊び。
「^」で階段を作って人を歩かせる遊びです。


その後、階段はどんどん増えて…
下ったところには… ・w・;



これは別の人バージョンもあるようですw


*  *  *


なお、昨日、よしなりさんが昨日AUチャで叫んだ
「サリナ小せえな」というのは、
敵対血盟盟主(髭)とよしなりさんが会話していたときに、
敵対盟主の口からでてきた言葉がコレで、
よしなりさんはそれが面白かったので、AUチャで叫んだ。
ただそれだけ。

したらばによると、
よしなりさんが私を貶めているとか書かれていたようですが…
彼はゴス1のWiz。メンタルも強く仲間からも慕われている。
そんな彼がBlackにいてくれること、これが全て。
彼は、笑いながら楽しそうにリネしていますよw


勝手に敵対評価

最近のBlackは、復帰者等との合流で盛り上がりつつあります。
このまま年内に衰退期を脱出できればいいなぁー。と思います。

さて。今のBKの敵対血盟は…こんな感じです。
私は敵対と話すことがほぼなく、戦い方を通じて感じた印象です。


BangDoll

敵対の中では、個人的に1番好きな血盟です。
今までの敵対血盟の中で、勝っても負けても楽しいと思える血盟。
あの個性豊かなメンバーを統一できているのは、司令塔でありエースの「ルィルィ」の統率力と、盟主「iwaさん」がうまくフォローしている結果だと思う。
この2人の関係が崩れると厳しそうと思う所もあるけど、今のBDはそれらをフォローできる人材が揃っているんじゃないかな。
運営もPvPも共に安定しつつある血盟。まだまだ伸びると思う。
評価:★★★★★


魔導団

なにかとプライドが高い戦い方をする。
でもまったりしている血盟。好戦的なようでそうでもない。
かなり微妙な印象。
評価:★★☆☆☆


ラホ

盟主が「ラムン」から「髭」にかわってラホは生まれ変わったものの、
ラホは単独でやる方が伸びると思う。元ゴス最大の単独血盟だったしね。
本当に頼るべき人は、髭についてきてくれている仲間のはず。
髭もそれをわかっていると思うけど、今は外部に頼りたい時期なのか。
評価:★★☆☆☆


マゾ

覚醒UP後、一方的に血盟戦を終わらせると宣言した辺りから低迷か。
覚醒前のマゾの方向性は明確でわかりやすかったけど、
今は特長もポリシーもない血盟になってしまった気がする。
ここから立て直すのは…なかなか難しそう。
評価:★☆☆☆☆


マング

ポリシーを貫くはずが、逆に迷走して中途半端になった印象。
Seriola自身がどうしたいか、それがいまいち見えない。
評価:★☆☆☆☆


血盟戦の状況とBlack四天王


昨日の血盟戦の状況です。
数ヶ月前のBlackは、超エース級のミッドフィルターが多く、
それが長所でもあり短所でもあり、息があわないシーンもチラホラ。
でも最近はまとまってきた感じ。
小規模血盟でこの成果は、みんな本当にすごいと思います。
今日の日記では、そんなBlackのエース達を紹介します。



よしなり
今期のWiz英雄さん。強さとカリスマ性を兼ね備えた人。
海外鯖の人からも「you are the powerful Cabalist」として絶賛されていました。
マングでもBDでも魔導でも、1人で1PTを襲撃するシーンが多数。
PvPも狩りも金策も、人一倍、影で努力している。
ドS度:★★★★★
よしなり無双動画:http://www.youtube.com/watch?v=aWKgzIlfAaM



AcidBlck
誰もが認めるBlackの弓エース。老若男女問わず慕われている福盟主。
劣勢で負けそうな交戦の最中、どこからともなく援軍にきて敵をバサバサGetし、
「おつかれさまって感じですね」と一言だけ言い残して去っていった。
そんな姿にみんなキュン死した。
万能に見える彼でも、自分では自分のことを不器用だといい、いつも謙虚。
ドS度:★★★★☆
ブロト無双動画:http://www.youtube.com/watch?v=sS6zkKhViOc



バジリスクう
仲間を大事にする短剣エース。Blackで1番の紳士キャラ。
仲間の援軍に最速で向ったり、仲間の面倒見がよかったり、
人一倍、周りへの気配りをしたりと、頼れるお兄さんタイプ。
自己中心的という言葉は、彼の中に存在しない。
ドS度:★★★★☆
短剣無双動画:http://www.youtube.com/watch?v=n6_3kbS7RRM



猫ライオン
Blackの司令塔。仲間と対立することも多々あるけど、
最近は指令塔としての実力をうまく発揮できている様子。
そんな彼との一戦は、頭の回転の早さが見所。
5手先まで読む日もあれば、そうでない日もチラホラ(笑)
最近は安定してきたかな?
ドS度:★★★★★
猫ライオン無双動画:現在準備中


他にも、イース英雄のnewBさんや、いつもcoolなIK3。
仲間思いのじっちゃんやクビさん。
気は強いけど一歩下がって控えめに支える女性陣達など、
Blackはこんな仲間に支えられて成り立っています。


目標達成!そして次の目標へ


魔導は双方にならずのままではありますが、目標達成です。

  • 単独血盟
  • 血盟Lv11
  • 血盟戦のGetポイントはALLプラス
  • 城持ち、城マント着用

今の成果は一時的なものかもしれませんし、
次回の戦争で大きくひっくりかえされるかもしれませんが、
血盟戦血盟としても戦争血盟としても、きちんと成果を出せた。

ほんと、理不尽な要求にも土下座せず、
心折れることなく戦う意志を貫いて本当によかった。。。

これも全てみんなのお陰だね。
本当に本当にありがとう!!!

今回の目標は達成できたので、
これからは次の目標に向かって進もうと思います。