最近のリュックエルダー


コンニチハ!リュックエルダーです。
相変わらず仕事をサボり、Blogを書いちゃっています。
最近、年度末の忙しさからか、フィールドで敵と会うことも少なくなり、
平和なリネライフを過ごしています。
2年前の血盟戦も1年前の血盟戦も、3月はこんな感じだったように思います。
まぁ3月と4月は出会いと別れの時期ですしね・w・



そうそう。
最近のリュックエルダーの戦いといえば・・・

●1on1の戦い by リュック編


お互い、こんな感じでゴロンしています。

1対1のPvは、「敵の援軍がくるまでの間に殺せるか?」というのが重要で、
できれば通り魔的にGetして、その場をすばやく去りたいものの・・・
エバセイ同士の戦いは、お互い瞬殺力がないため、消耗品の量で勝敗がわかれることもあります。
また、敵側にMOBがいる状態で戦えるかどうか、で勝敗がわかれたりもします。
後は、ほんの一握りのプライドの差でしょうか(笑)
イミフですみません。

●1PT vs 1PTの戦い by リュック編

敵と見方のHPの総合計を予想して戦っていたりします。(あくまで予想です。)
例えば、リュック視点で1PT vs 1PTの交戦時には、
 ・敵のPTメンバー9名のHP総合計:100,000
 ・Black側PTメンバー9名のHPの総合計:80,000
とすると、リュックエルダー的には、ヒールとリザで、Black側のHP総合計:80,000を120,000や150,000にできるか?という点を気にしちゃう。という感じです。
交戦はHPが0になったほうが負けなので、0にならないよう、オーバーヒール気味でいってます。
もちろん、HPを増やせるかということ以外のことも気をつけるようにしてますヨ。
(見方のお酒の量とか・・・w)

といっても、もちろん敵のヒーラも同じことを考えて動くので、
やっぱ最終的には、お互いに中の人の動きの差で決まるんですけどね。

仲間に1発でも多く主砲を打ってもらえるよう動きつつ、
PTメンバーのHPを最大限まで伸ばす。

1PT vs 1PTの戦いは、こんな感じでPlayしています。

最後は話題を変えて、もとわたさんとこのクラメン、
クロッサーさんとルウシェレンレンさんとの1ショットを。

うん。
そっくりですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です