リュックの1日


ギランにルーン石を買いに来た。



すると、足もとに「風のドラゴンフルート」が。
飼えなくなった誰かが捨てたのだろう。
可哀想に。


1個前の日記の通り、傷心中の私はこの子を育ててみたいと思った。
でも一緒にフィールドにいけば、敵対に殺される。
悪名高いBlackの盟主が、ペットと交戦に行くなど失笑される。
そうなれば、この子が可哀想だ。


でも、ここで見捨てるわけにはいかない。
迷いながら震える手を差し伸べる。
なんとか飼ってみよう。



Lv35か。まだ生まれたてのドラゴンくん。
今から召還するからね。
名前は何にしようかな!
どんな子になるかな!



これから一緒に遊ぼう。
もしも殺されてもリザ入れるからね。
強いドラゴンになるんだよ。



未来への期待に胸が高鳴る。



ドキドキ・・・



ドキドキドキドキ・・・






・・・







・・・・・・・




お、おう。



私はドラゴンくんをアジトにつれて帰った。
そしてそっと床に置いた。


その後・・・
アジトに帰ってきた仲間に怒られたことは言うまでもない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です