戦うこと、守ること


昨日はBD・ラホ・マゾとオルビス1Fで交戦。
敵は全部で2PT+以上、3PT-?いるのに対し、Blackは5名+2PCイース。
ブロト(赤)、きゃろろ(赤)、サリナ(赤)、よしなり、パイオで応戦。被Getは2。
ヒールがおいつかず死なせてしまったのと、MPがなくライフリリースまで@2秒の所で死亡。
アカネでのGetもありましたが、FPK戦のGet数もすごかったです。


マングとの双方布告での血盟戦は… 7月は被がゼロの+3Getで終了。
8月1日に動きがあり、処刑場で-1、シーレンで-2、庭園で-3の合計-6。
8月2日には、FVで-1。今日は早朝に-6?で内容は不明。合計-11の非常に劣勢。
立て直したい所ですが、マングはフィールドに出てこない可能性が大。
でもあきらめずに、どうにか立て直そうと思います。


続いて…


昨日は被を防ぐために、覚醒支援の護衛に血にいきました。
私1人での護衛は正味の所、心細くもあるけど…
そう思いながら護衛すること1バフ目。トマトが登場。

Lvが低い仲間をすぐに祝アジト帰還させて、私はトマトを迎え撃つ用意。
ヒーラだから殺せないなんて言わないし、思わない。
昨日のGetを取り戻したい。仲間のために。Black盟主としても。

でも、もしもGetされると仲間に迷惑をかける。
じゃあ無理せず確実に1Getを狙い援軍を呼ぶべきか?
援軍をよべばトマトは帰る?なら粘る?
どうすることが仲間を大事にすることなのか?
不安と迷いが交錯する。

でも数秒後。光の速さで仲間が援軍に登場。
現場にはバジさんとよしなりさん。援軍要請していないのに…

「俺たちに任せろ」
そういわんばかりに血周辺をかけめぐる。
そんな姿に胸をうたれた。

さすがBlackのエース達。ちょっとかっこよすぎ。
一瞬でも躊躇した自分が恥ずかしくなった。
あとは迷わずGetするのみ。

結局、その後トマトはハイド逃げ。その後も再度来たけど、
頼もしい護衛のおかげで、襲撃されることなく目標達成。
新しい覚醒職がまた1人誕生しました。
本当におめでとう。今までよく頑張ったね。
サポートしてくれた仲間も、本当にありがとう。


きっと… 今まで血で狩をしていた仲間は、
私と同じ思いをしていたんだろうな。

もちろん、双方布告中に仲間が血で狩をしているときは、
監視を出したり巡回して警戒していた時もあるけど、
100%全部出来たか?というと…そんなことはない。


各自で気をつけること、仲間でサポートすること。
戦うこと、守ること。
それぞれ深く考えた1日でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です