モラル・ハラスメント 略してモラハラ

モラル・ハラスメントとは?

中傷や罵倒などの精神的な暴力をふるうこと。
加害者は被害者に、復讐の気持ちをともなった怒りや恨みを持ち、
全ての責任を押しつけることで、ストレスや苦しみから逃れようとする。
加害者に他人を尊重するなどという考えは存在しない。


加害者の特長

  • 相手に言葉をかけない
  • 人前で笑い者にする
  • 他人の前で悪口を言う
  • 釈明する機会を奪う
  • 相手の欠陥をからかう
  • 不愉快なほのめかしをしておいて、それがどういうことか説明しない
  • 相手の判断力や決定に疑いをさしはさむ

all about Japan「モラル・ハラスメント」
(マリー=フランス・イルゴイエンヌ著・高野優訳より


加害者は・・・・

自身のほうが被害者だと思っているほどの感情の持ち主。
内心の葛藤を自身で引き受けることが出来ず外部に向ける。
加害者は被害者に罪悪感を、周囲には被害者が悪いと思わせようとする。
中傷や罵倒などの精神的な暴力をふるい始める。

耐えかねた被害者は加害者に、肉体的な暴力をふるうことがあるが、
加害者は被害者にそのように仕向けていることがある。


被害者となるのは・・・

几帳面で、秩序を愛し、他者への配慮を働かせ、責任感が強い人物。
被害者は「自分が悪いのか?」と思考し、罪悪感を持ち苦しむ。
モラハラを行うものに居合わせた時、「被害者」に「選ばれる」。


らしい。


これがモラハラ。
これって・・・・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です